孤独な散歩者の閑感妄想・記

アクセスカウンタ

zoom RSS  「『日本書紀』の書名の「書」の字について」 1988年

<<   作成日時 : 2016/03/08 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

春霞の大阪の暖かい春の陽気は、今日までのようです。
画像
                大阪城桃園の桃の花

  先の続きのブログ再録です↓。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中小路駿逸の論文 「『日本書紀』の書名の「書」の字について」 1988年』
<< 作成日時 : 2012/08/26 20:02 >>
/ トラックバック 8 / コメント 14


以下の論文を読みに出かけました。
手元でじっくり読みたいと思いコピーをとりました。
以下は、私のPCにスキャン保存画像です。
*え〜文字が文字が小さく、大変読み辛いので、お手数ですが、Webサイトの「表示」とか、文字の拡大機能をご利用されると、少しは、ましかと思います。
 ・・・・・・・・・・
@ 中小路駿逸の論文。
   「『日本書紀』の書名の「書」の字について」
    追手門学院大学文学部紀要(22)1988年
    P413〜395
画像

論文名下のゴシック横字は私の書き込みです。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
P397(17)の下段左から4行目の『旧聖書』は『旧唐書』の誤と思われます。
画像

いままで、中小路駿逸の論文は市民の古代、新古代学でしか読んでませんでした。
大学紀要という物は、縁遠い物で、どんな新しい考えが発表されているか分かりません。マスコミに発見されて、われわれ市民に報道されなければ、それまでよ〜〜〜ってな物ですかね?
まっ、検索がありますが、題名だけで、本体が読めるのは少ないのかも知れません。
まっ、私の無知によるのかも知れません。が、
知ることは好いのかも知れません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2013.11.27追記)
いまだに、「続日本紀」の記述が理解されていないようです。    
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
隋王朝・煬帝の墓と確認!共同通信2013年11月・・・
・・・隋書 倭国伝の偽称偽装は顕かに為るか? ↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
煬帝の墓。そして倭王、多利思北孤は聖徳太子か?・・・・
  ・・朝日新聞も知らんぷり!  ↓↓
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
トンイの李氏朝鮮王朝から見える日本古代史を考える!
今夜は、満月のようです。今日3月23日の未明、午前3時頃、トイレで目覚めた時の↑「月と星」です。 ...続きを見る
孤独な散歩者の閑・感・想・記
2016/03/23 22:01
「日本大文典」ロドリゲスの「九州年号=日本年号」のインパクト!
前のブログからの再掲載。一部修正補筆あり) ...続きを見る
孤独な散歩者の閑・感・想・記
2016/04/08 21:59
倭国年号は九州王朝の年号
昨夜、「誰も知らなかった古代史(14)」の話を聴いてきました。 『王朝交代ー倭国からの本国へー』の演題でした。 ...続きを見る
孤独な散歩者の閑感妄想・記
2017/03/28 13:19
九州王朝、多元史観からの私のブログ  
私のこのブログに書いた、 九州王朝史観からの多元史観の 古代史関係の記事をピックアップしました。 ...続きを見る
孤独な散歩者の閑感妄想・記
2018/01/17 21:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
失礼します  万葉集をご存知と思いますが、原文を紹介させてください。 巻1-2 には日本紀、日本書紀、朱鳥元年、朱鳥**年、憶良の類聚歌林曰が頻出します。
以下 原文部分引用---
巻01歌番号0009 幸于紀温泉之時額田王作歌
01 0009 莫囂圓隣之大相七兄爪謁氣 吾瀬子之  射立為兼    五可新何本
01 0010 中皇命徃于紀温泉之時御歌
01 0010 君之齒母  吾代毛所知哉  磐代乃   岡之草根乎  去来結手名
01 0011 吾勢子波  借盧作良須   草無者   小松下乃    草乎苅核
01 0012 吾欲之   野嶋波見世追  底深伎   阿胡根能浦乃  珠曽不拾        或頭云  吾欲 子嶋羽見遠
01 0012 右(検)山上憶良大夫類聚歌林曰 天皇御製歌云〃
01 0013 中大兄近江宮御宇天皇三山歌
01 0013 高山波   雲根火雄男志等 耳梨與   相諍競伎    神代従
        如此尓有良之  古昔母   然尓有許曽   虚蝉毛   嬬乎          相挌良思吉
01 0014 反歌
01 0014 高山与   耳梨山与   相之時   立見尓来之  伊奈美國波良
01 0015 渡津海乃  豊旗雲尓    伊理比紗之 今夜乃月夜   清明己曽
01 0015 右一首歌今案不似反歌也 但舊本以此歌載於反歌 故今猶載此次  亦紀曰 天豊財重日足姫天皇先四年乙巳立天皇為皇太子
--- このように中大兄は天皇ではないとし、御歌 も付けません。大化の改新は大日本帝国以後有名になり弘文天皇も作りあげましたが、最近疑問腐がつき万葉集が天皇ではなかったというのならそうなのでしょう。 
しらかべ
2018/08/23 15:21
済みません。長くなり醜くなってしまいました。
部分引用としても話の筋が一応分かるようにするためにこの程度はどうしても必要でした、ご迷惑おかけします。
どうぞ万葉集の原文版のほうでぜひご覧ください。

 
しらかべ
2018/08/23 15:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
 「『日本書紀』の書名の「書」の字について」 1988年 孤独な散歩者の閑感妄想・記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる