孤独な散歩者の閑感妄想・記

アクセスカウンタ

zoom RSS 九州王朝説をめぐる古代史の、中小路駿逸と野口義廣の歴史学1988年〜2007年

<<   作成日時 : 2016/03/07 22:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

 啓蟄も過ぎ、暖かい日々が数日。
が、この後、寒の戻りが決定的のようです。体調をしっかり気を付けましょう。
さて、前のブログからの転載。
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
九州王朝説をめぐる古代史についての、
     中小路駿逸と野口義廣の歴史学1988年〜2007年

<< 作成日時 : 2012/08/25 16:40 >>
画像
               大阪城 暮色
   さて、先の上山春平の頁のブログ↓
『上山 春平 死去 2012年
<< 作成日時 : 2012/08/07 05:24 >>
ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8』

に頂いたコメント情報ですが、↓コピー貼り付けました。
  ・天の邪鬼さん↓ 2012/08/13 05:24 のコメントです。
【中小路駿逸氏の以下の論考を,是非とも読まれる事をお薦めします。
(1)「『日本書紀』の書名の「書」の字について」
1988『追手門学院大学文学部紀要』
(2)「古田言説が出現してから〜中小路言説とのかかわり」
特集「九州王朝説の現在」季報『唯物論研究』No.87(2004)大阪唯物論研究会。
(1)は古田武彦氏の九州王朝説の仮説を,見事“証明”したもので,これまでの【日本王権史の枠組み】の間違いを正された,文字通り画期的なものです。
(2)は中小路氏が,これまでの研究を,ご自分の手で簡潔にまとめられたもので,恰好の“中小路日本学”の案内書となっています。(¥1,200円。送料別)
『大阪唯物論研究会』
http://www.infonia.ne.jp/~l-cosmos/Link/kihoYuiken.html
  天の邪鬼 2012/08/13 05:24】

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
同様のコメントが(検索で分かるのですが)あちこちのブログのコメント蘭にあるようです。
この方なりの憂いがあるのでしょう。
が、
わたしには新情報だったので、検索してみました。
@ 中小路駿逸の論文。
 「『日本書紀』の書名の「書」の字について」
 追手門学院大学文学部紀要(22)1988年 P413〜395

A 野口,義廣の論文。
  「『防長学』事始め」
 < http://ci.nii.ac.jp/naid/110000033178  >
   山口県立大学国際文化学部紀要 第3号  1997年
B 野口,義廣の論文。
   「続 『防長学』事始め」
   < http://ci.nii.ac.jp/naid/110001792001 >
    山口県立大学国際文化学部紀要 第8号  2002年

C 中小路駿逸の論文。
  「古田言説が出現してから----
        中小路言説とのかかわり」

   季報「唯物論研究」No.82  2004年
    (特集「九州王朝説の現在」) P-14〜22

D 野口 義廣    2005年
  歪められた古代史--日本史学界挙げての歴史捏造 ―    
   < http://ci.nii.ac.jp/naid/110004597514 >
E 野口義廣  2006年
  二十世紀末日本の"人文科学"界に
           起きた"パラダイム・シフト"をめぐって ―

    < http://ci.nii.ac.jp/naid/110006203548 >
F 野口義廣  2007年
  二十世紀末日本の人文科学界に
           起きた"パラダイム・シフト"をめぐって(続) ―
     
  < http://ci.nii.ac.jp/naid/110006391551 >

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
@ABC共、いずれも、公立図書館で検索して、あるいは、コピーの取り寄せを有料で依頼出来るようです。
ABDEFのアドレスから、論文PDFがオープンアクセスで、読めます。
が、
わたしにとっては、これらの著述は初見でしたが、いずれの論文も、1988年〜2007年年と古く、この野口義廣の主張は、当然、古田史学関係の方々は、ご存知なのでしょう。
「古代に真実を求めて--第二集」1998年の、中小路駿逸のメッセージ「もう一つの古稀」のなかの、「第一の錯乱、第二の錯乱、第三の錯乱」と書かれた文章を思い出します。
。。。。。。。。。。。。
まぁ、とりあえず@〜Fの著述を、読んでみましょう。
で、
一部少し読みましたが、先の「上山春平 死去」のコメント蘭に書いたように、著述に関して「人間性〜」など、謂いだしたら、肩をすくめて苦笑するしかないですか・・・・・・・
論のラジカルさ故、論の認証証明反論先願対応人間性等など、お互いの料簡の持ちようかとも感じます。
奉職者と在野研究者の違いもあるのかもしれません?
 安本美典氏のような人もいますし、人間性など言い出したらお互いお里が知れるって態でしょうか 。
要は、古田、中小路、野口の論のインパクトが、顕在しておらず、古代史の地平が、偏光して見えている現在の中で、情報を読み妄想する我がいるってことが面白いでしょう

新しい大阪府立中央図書館は、初めてです。
少し、楽しみ・・・・・・・
古代に真実を求めて 第二集 (古田史学論集)
明石書店

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古代に真実を求めて 第二集 (古田史学論集) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「日本大文典」ロドリゲスの「九州年号=日本年号」のインパクト!
前のブログからの再掲載。一部修正補筆あり) ...続きを見る
孤独な散歩者の閑・感・想・記
2016/04/08 21:58
倭国年号は九州王朝の年号
昨夜、「誰も知らなかった古代史(14)」の話を聴いてきました。 『王朝交代ー倭国からの本国へー』の演題でした。 ...続きを見る
孤独な散歩者の閑感妄想・記
2017/03/28 13:19
九州王朝、多元史観からの私のブログ  
私のこのブログに書いた、 九州王朝史観からの多元史観の 古代史関係の記事をピックアップしました。 ...続きを見る
孤独な散歩者の閑感妄想・記
2018/01/17 21:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
九州王朝説をめぐる古代史の、中小路駿逸と野口義廣の歴史学1988年〜2007年 孤独な散歩者の閑感妄想・記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる